施工方法手順

STEP1.「Renovatile」を手に入れよう

さっそく「Renovatile」を注文しましょう!
「Renovatile」は1ケースに1.79㎡分のタイルが入っています。
【お部屋の内の面積(㎡)×1.15÷1.79(小数点繰り上げ)】で出た数字が注文ケース数の目安です。
1ケースで約1畳分となります(あくまでも目安です)。

接着剤を使わずに切ってはめるだけなので、大家さんに許可を得る必要もありません。


STEP2.必要道具を揃えよう

用意するものはこれだけ!
・Pカッター
・カッター
・プラスチックハンマー
・アルミ定規
・印つけ用のペン
ホームセンターですぐに手に入るもので出来ちゃいます。


STEP3.施工スタート!

まずはお部屋の左隅から基準になるタイルを敷きます。


STEP4.タイルをカットしよう

STEP3で敷いたタイルと床の幅に合わせてフローリングをカットします。
まずカットする箇所に印となる線を引きます。


タイルをきれいに・簡単にカットするコツは、アルミ定規とPカッターを使って溝を作っておくこと。
Pカッターを2〜3度タイルに行き来させたくらいの溝を掘るのが目安です。


溝を掘ったあとはその部分を折ります。
パキンとした音と共に折れます。


折ったあとは残ったビニール状の部分をカッターでカットします。
少ない力できれいにカットすることが出来ました!


STEP5.どんどんタイルを敷き詰める

カットしたタイルをクリックしながら、どんどん敷き詰めていきましょう!


STEP6.浮いたタイルをハンマーで抑える

敷き詰めながら浮いているタイルがないかチェックします。
もし浮いたタイルがあったらプラスチックハンマーで軽く叩いてあげるとピタッとはまりますよ!


STEP7.完成!

完成です!
女性でも3時間で4畳半分を完成させることが出来ました!


「Renovatile」のうれしい特徴

施工もPカッターで力要らず・簡単に綺麗にできるのでDIYとは思えない完成度を実現させる「Renovatile」は、他にもうれしい特徴がいっぱいです!

本物の木と遜色ない質感と、木目パターンの豊富さは安いタイルとは一線を画します。
ピタッとはめることで水の浸透も心配要らず、飲み物をこぼしても慌てる必要はありません。
ガラス繊維が入ってるので一般的な温水床暖房のお部屋にもそのまま使えます。